2008年01月22日

戦争における戦術?

あんまり更新してない日記だけど、

戦争時で俺が指揮してきた時の考え方みたいなものを

今までは日記になんて書けなかったけど

もう、指揮は関係ないので、書き留めてみようかとw

元BORの皆が、どこかで戦争するときにでも

参考になるかどうか分らんけど、

少しずつ書き留めてみようかと思いますwwww




戦争において指揮を執る時に、

最も大事と思ってきたことは、「決断」 だと思います。

自分が指揮した結果については

後からいくらでも意見を聞き、反省すべき事は反省し

次回の決断に繋がるようにするべきだが

戦時中は、自分自身が他の意見に振り回されない強い気持ちが

大切です。

戦局を正確に捉え、全軍を誘導し続けなければなりません。


今回は、いまではどこの勢力も行うBAついて考えてみましょう。

BAが効果を生む必要条件とはなんでしょう?

自分達がBAをしかける場合、

いくつかの条件を作り出しつつBAを敢行しなければ

単に、敵の後方からの襲撃で終り、大きな戦果を得る事は

難しいと考えています。

例えば、防衛のある城へ攻め、門攻撃を実施してる時に

敵のBAを想定するならば

単にBA返しをするよりも、最初からPTの一部前衛と

特殊PT(AOS等)だけを門攻撃に送り出し、

敵がBAしかけてきた時に、当該PTは城壁側へ敵を誘導しつつ

AOS稼動させ、その瞬間に全軍を敵後方よりBAしかける。

敵の前方(城壁側、側面)よりAOS稼動

敵の後方より敵軍への強襲。

自軍の布陣を戦局に有利になるように誘導させ、稼動させる事は

簡単ではありませんが、

単純なBAではなく、

より効果を得られるようにしかけていく事が戦術の一つであったり

するわけです。


或いは、BAだけではなく、敵を挟撃するという視点で考えて

みても戦術は生まれます。

門という限られた場所を利用し、敵を門内へ誘導しつつ

敵の布陣を分断(バインド、自軍配置等)し、

そこへBAをしかけるという考え方です。



と。。。偉そうに書いてますが・・・すみませんwwwww

まぁ〜

俺の戯れ言なんで、ご容赦下さい(爆




posted by たまちゃん at 18:11| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大事なのは決断というのはよくわかります!かりに最適な判断でなくても指揮官が迷っちゃ誰もついていかないしな。
戦術について、なるほどと思うんだけど、なんていうかもうちょい『鬼さんが考える相手の考え』、こうきたら、相手はこう考えとかがあると、より鬼さんの考える戦術の中身がわかりそう!
次号も期待して待つ!
Posted by えるさいずまん at 2008年01月23日 09:59
fmfmw
エル、元気に跳ね返ってるか?w
4月に東京きたら、飲みまくろうぜw
Posted by 鬼 at 2008年01月26日 23:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80086834
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。