2007年12月31日

報告

なにやら、騒ぎが大きいようですので、

今回のWW城の日程変更までの経緯を書いておきます。

まず、22日にWW城城主であったSOWさんへBORの解散攻めを

WW城で行いたい話を相談させて頂きました。

その時点では候補日として29日を計画しており、解散戦は

敵方として神話さんとEXPさん、こちらはBOR、αさん、ドラゴン

さん中心で実施させて頂くつもりで、戦場は思い出深いWW城での

実施をしたいと考え、相談したわけです。

22日の時点では、「BORの都合なんでこちらは関係ないです」

と、返事があったので、BORとしては攻め取るしかないと

考えていました。

ところが、SOWさんはその後、ドワへ転戦されたの知り

25日のWW城をBORで確保しにいったわけです。

この時点で、参戦頂く予定の各関係者と日程の話を進め

各勢力に最大限迷惑がかからない日程候補を決めました。

それが6日となたわけです。

22日のこちらからの相談に対して、しあこさんの日記に

書かれているように、「うっとうしい事情」となってましたから

この時点では、6日の解散戦については

上記経緯もあるので、確かにSOWさんへはお伝えしてません。


29日に再度、SOWさんがWW城を落とし、

日程変更された結果、1日となったわけです。


SOWさんがBORが保持したWW城を攻め取るのも

日程を変更されるのも、

俺自身は、戦争クランとしては、当たり前の事だと思っています。

保持したWW城を、きっちりと防衛し、6日に備えるべきな

わけですから

それが、事情で防衛出来ずにいたのはBORの問題です。


1日は、

非力な我々ですけども、WW城を取りに一戦交えたいと思います。

もし、勝利を収められれば、日程調整そのものは、

1−>4−>6に変更したいとは考えていますが

時間変更ができないかもしれません。

いずれにしましても、6日は大勢の方の都合をお借りするわけ

ですから、例え、WW城が最後の戦場とならなくても

実施はしたいと思っています。

最後に、

この件でご迷惑、ご心配をおかけしてしまた

関係各位並びに、SOWさんにはお詫び致します。


BORは、6日を持って、完全解散としますが、

クランを引き継ぐ形で存続はプリの意向で行いません。

解散後は、BORクラン員は各自の判断にて

新しい自分の居場所をみつけてくれるでしょう。

BORとして

最後の戦争となるので、きちんと終わりを迎えたい。

どうか、宜しく御願い致します。





posted by たまちゃん at 09:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。